京都でのれんで起業した社長 日揮

古き良きものは、たくさんあると思う。 今和の業界が廃れているのは、なにも作り手のせいではないと思う。 みんながそのよさに気付かないだけ。 そんな感じ私は、考えたので、のれんで起業することにした。

2009年01月

日本人だからか、日本製に贔屓がある。 日本で作ったものは、安心。 今の時代偽装問題も出てきているので一概にそうも言えないけど、 それでも私は、日本が一番と思っている(思いたい) なので商品は、日本製にこだわっていこうと思う。 …
続きを読む

江戸の事業の継承は、血筋ではない。 のれんである。 のれん=名前+技術 つまり暖簾を継ぐということは、繰り返しになるが、なにも血筋でないということだ。 調べてみると、正当な後継者には、たとえ血筋がいたとしても、有能な養子もむかえることもあった …
続きを読む

のれんの配色で頭を悩ませています。 みなさんは、どんな色がお好きですが・・・ のれんメーカーをやる以上、今ターゲットは、春 つまり桜なんか良いと思っています。 ただ一般にピンクののれんってあんまり見ない気がする・・・ のれん屋社長のブログ 企業 …
続きを読む