京都でのれんで起業した社長 日揮

古き良きものは、たくさんあると思う。 今和の業界が廃れているのは、なにも作り手のせいではないと思う。 みんながそのよさに気付かないだけ。 そんな感じ私は、考えたので、のれんで起業することにした。

2008年12月

よく和菓子の世界でいわれる。 本場京都は、一子相伝 江戸(東京)は、職人相伝  これももしかしたら、暖簾の文化から来ていると個人的に考えている。 江戸時代の老舗には、丁稚奉公という形でよく働いていた。 彼らの最終目標は、のれん分けというこ …
続きを読む

のれんといっても、今現代に和室に住んでいる20歳くらいの人って 非常に少ない。だから和ののれんを買いたいって思う人は少ないかもしれない。 若い人に持ってもらうためには(正確にはよさをしってもらうには)、 洋室に会うのれんを作らなくては・・・ …
続きを読む

ちょっと調べてみましたが、のれんを使用始めた起源は古いらしいです。 一説には縄文時代から、風よけとして使われていたといわれています。   平安時代になると、庶民の道具として使われ始めたそうです。いわゆる屏障の具 としてです。夏になじみ深い簾(すだれ) …
続きを読む

戦前までの飯屋や居酒屋では客が出て行くときに、 肴 をつまんで汚れた手をちょっと暖簾で拭いていく、 という習慣があり、「暖簾が汚れているほど繁盛している店」 という目安になっていた。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)  へぇ?知らな …
続きを読む

古き良きものは、たくさんあると思う。 今和の業界が廃れているのは、なにも作り手のせいではないと思う。 みんながそのよさに気付かないだけ。 そんな感じ私は、考えたので、のれんで起業することにした。 …
続きを読む