京都でのれんで起業した社長 日揮

古き良きものは、たくさんあると思う。 今和の業界が廃れているのは、なにも作り手のせいではないと思う。 みんながそのよさに気付かないだけ。 そんな感じ私は、考えたので、のれんで起業することにした。

安売りはできない。


商品をつくるとき、品質 価格 納期 を考えていくと、やはり品質が私には一番大切に思えてくる。



いい商品をつくるということは、ある程度のコストもかかるもんだ。


コストをかけなきゃいい商品ができないとは思わないけど、


やはりある程度いい商品をつくるには、いい材料・工程・技術と


人が関わるものだ。




だから私のところは、販売価格は高くなると思う。その代り、取引先も得意先も喜ぶものを作ってます。