京都でのれんで起業した社長 日揮

古き良きものは、たくさんあると思う。 今和の業界が廃れているのは、なにも作り手のせいではないと思う。 みんながそのよさに気付かないだけ。 そんな感じ私は、考えたので、のれんで起業することにした。

江戸の事業の継承は、血筋ではない。




のれんである。




のれん=名前+技術




つまり暖簾を継ぐということは、繰り返しになるが、なにも血筋でないということだ。




調べてみると、正当な後継者には、たとえ血筋がいたとしても、有能な養子もむかえることもあったらしい。