京都でのれんで起業した社長 日揮

古き良きものは、たくさんあると思う。 今和の業界が廃れているのは、なにも作り手のせいではないと思う。 みんながそのよさに気付かないだけ。 そんな感じ私は、考えたので、のれんで起業することにした。

よく和菓子の世界でいわれる。



本場京都は、一子相伝




江戸(東京)は、職人相伝






 これももしかしたら、暖簾の文化から来ていると個人的に考えている。




江戸時代の老舗には、丁稚奉公という形でよく働いていた。




彼らの最終目標は、のれん分けということだ。




 のれん分けとは、同じ屋号の店を出すことと、本家より資本金を頂くということだ。