京都でのれんで起業した社長 日揮

古き良きものは、たくさんあると思う。 今和の業界が廃れているのは、なにも作り手のせいではないと思う。 みんながそのよさに気付かないだけ。 そんな感じ私は、考えたので、のれんで起業することにした。

ちょっと調べてみましたが、のれんを使用始めた起源は古いらしいです。




一説には縄文時代から、風よけとして使われていたといわれています。


  平安時代になると、庶民の道具として使われ始めたそうです。いわゆる屏障の具



としてです。夏になじみ深い簾(すだれ)、布と同様に、風雨だけでなく、部屋と部屋の



仕切りにも使用するようになったそうです。


 室町時代に入ると、庶民のものというより、商売道具(ディスプレイ)の一つとして、



商店の入口にのれんを使用し、宣伝や広告に使われ始めたそうです。


  家紋入りやさいきん見かける「お茶」「酒」などの文字いりののれんも見かけるよう



になりました。


このぐらい長い時代使われていのれんを見直してみませんか?


昨今エコなども言われていますが、なにか現代にも使えるかもしれないですね。