京都でのれんで起業した社長 日揮

古き良きものは、たくさんあると思う。 今和の業界が廃れているのは、なにも作り手のせいではないと思う。 みんながそのよさに気付かないだけ。 そんな感じ私は、考えたので、のれんで起業することにした。

戦前までの飯屋や居酒屋では客が出て行くときに、




肴 をつまんで汚れた手をちょっと暖簾で拭いていく、






という習慣があり、「暖簾が汚れているほど繁盛している店」







という目安になっていた。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)







 へぇ?知らなかった。汚れている方が繁盛とは面白いですね。




今は、おしゃれ・きれいの方がよい気がする。




 とくにカフェなどは、ソファーがあるとプラスですね。